ご飯食について

ご飯食について

朝ご飯は、必ず和食、つまりはご飯食が良いというような人もいます。そういう場合でしたら小さな頃からそのことに慣れていて、一人暮らしをしてからも出来るだけそうするということもあるでしょう。もしくは結婚してから奥さんが夫のためにご飯食を用意するということもあると思います。

 

旅館などのメニューにおいては朝食は和食が多いです。ご飯にお味噌汁、鮭などの焼き魚、海苔や温泉卵、きんぴらなどの一品など、比較的あっさりと食べやすいものが多いです。そういった朝食を食べると自分が旅行に来ているんだなとしみじみと感じる人も多いでしょう。
でも実際に家庭においてもそのような和食を朝から用意している主婦というのも多いのです。ご飯食を希望する夫がいて、パン食を希望する子供がいるため、両方用意しなければいけないというようなこともあるようです。

 

その場合でしたら主婦において朝早くから起きて、家族の朝食を精一杯作らなければいけません。出来るだけ主婦も体を休めたいと思うと思いますので、うちは和食でご飯食と決めるか、洋食でパン食と決めてしまった方が良いように思います。
家族の人たちにあまり遠慮をして自分だけが疲れてしまうというようになるのは、とても辛いことです。今まで頑張ってきたけれど、この辺りで考えてみようというふうに思うのも必要なのではないでしょうか。
基本的には夫の希望や要望というものを通すことが多いでしょう。夫が気に入るような、元気に仕事が出来るようなメニューを考えてみるといいですね。朝から納豆を食べたいというような夫もいるかもしれませんね。

ご飯食について関連ページ

朝バナナの魅力
朝バナナの魅力
パン食を好む人
パン食を好む人