趣味のスクール

私は夫が一年ドイツに技術留学に行きたいと言い出したのがきっかけで一年間ドイツで海外生活をしたことがあります。夫が海外生活をすると言い出した時は、とても面白そうという軽い気持ちからついていくことにしました。

 

ところが実際に海外生活が始まると、夫は自分の夢のために行っているし、英語が堪能なので、そんなに言葉に困る様子はなかったのですが、私は普通の専業主婦だし、ドイツ語はおろか英語も話せないので、最初は言葉が通じなくて大変な思いをしました。子供英会話

 

 

市場に一人で買い物に行って、指をさしながら買い物をするとだいたいの商品は手に入るのですが、何グラムとか何キロという細かいニュアンスは伝えられません。手作りクッキーを量り売りされていて、とてもおいしそうなので、何とか伝えたつもりが、持ちきれないほどの量を渡されて、それが違うことすら言えず泣く泣く数週間クッキーを食べ続けたこともあります。それからは主人の学校で仲良くなったご夫妻に簡単な日常会話を定期的に教えてもらうことになり、少しずつ帰るころには、最低限の会話はできるようになりました。

 

大学で毎週末開かれるダンスパーティーでは色々な国の人と一緒にとても楽しい時間を過ごすことができましたし、この国のごみの分別の多さやオーガニック化粧品や食物の意識の高さから、大いに刺激も受けました。海外生活から得たものは数えきれません。最初言葉の壁に泣きそうになったのも今ではいい思い出です。

続きを読む≫ 2013/02/06 12:55:06

アルファベットに接したのは小学校の時、英語に接したのは中学校に入学して大学までの十年間、はては社会人になっても外国特許や文献に目を通す機会が多々ありますが、英会話となりますと読む以上に辛いものがあります。

 

学校でも文章の読解に力点を置いてあまり会話に重点を置いてこなかったのではないかと思います。いまは田舎の村でも外国人に会う機会が有ります、なんちゃって英語で話しかけますと綺麗な日本語で返事が跳ね返ってきますからよく勉強をしてあります。

 

音読は非常に大事なことで声を出して何回も読むと記憶に残ります、国語の本を声を出して読みなさいと言われていた事を思い出す方も多いんじゃないでしょうか。

 

バックグラウンドミュージックの様にネット英会話のシーンを流しっぱなしにしておいて耳から入ってくることで慣れ親しむと言うのも勉強の一つの方法です、テレビでもネットでもこの方法を取り入れたのがCMで見られます。耳から入った言葉を発音してみるあるいは記憶した言葉を口に出してみることが大事です。毎日聞いたり発音したりしますが思ったほど上達しないのが現実ですね。

 

今は小学校の低学年から英会話に親しんでいますから習得は早いでしょう、現に教室での授業初めの挨拶は英語です、また教室の本棚には児童向け英語の本がありますので何時でも読むことができるようになっております。赤ちゃんは一年やそこらで大人の話を理解するようになるわけです、すべて耳から入った言葉ですが我々文字を読める大人は音読を取り入れてみましょう。

続きを読む≫ 2013/02/06 12:38:06

古いことわざに「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉を聞いた事が有ると思います。

 

昔から音楽には人の心を感動させたりウキウキさせたり、センチメンタルな気分にさせたり異国情緒を感じさせたり…などの不思議な力があります。

 

酒を酌み交わし一緒に歌を歌ったりする事で仲間意識も強くなり勇気も湧いてきます。

 

失恋や愛する人と離れ離れになったりした時には静かなバーカウンターでメランコリーな音楽で自分の寂しい気分に浸る事もあります。

 

また、仕事や家庭内のトラブルなどで気分が塞いで心身ともに疲労している時には心地よいヒーリングミュージックが全身を癒してくれます。

 

この様に音楽には言葉とは異なる旋律や響きから来る不思議なパワーがあるのです。

 

この音楽が持つ不思議な力を耳で鑑賞しているだけでなく出来れば自分も演奏者や歌手として参加することは更に大きなパワーを貰えるのです。

 

剣道や空手などの鍛錬にはキェーとかヤ―とかの気合を入れると沈黙して相手と多多開くよりも不思議な強い力が出てくる事も証明されています。

 

オリンピックやサッカーなどのあらゆるスポーツ大会に於いては選手たちが気合を入れてお互いの皆の気持を高めたり自分自身を鼓舞したりして戦闘モードに切り替えます。

 

ですから声を思いっきり出すことには大きな意味がありますので歌を歌う事は人生を前向きに変える効果があるのです。
この記事を読んでくださっている皆さんにも是非とも何らかの形で音楽と歌のある人生に自分を持って行ってくださる事をお勧めします。

 

正しい形で歌を歌う事が人生をバラ色素敵なものにしてくれます。

 

続きを読む≫ 2013/01/31 11:21:31

映画は魅力にあふれています。
映画ファンである人にとってはもちろんですが、ことさら映画ファンではないという人にとっても、1本や2本は必ずと言っていいほど忘れられない映画があるはず。
タイトルを口にしただけで思わず涙がにじんできてしまうような感動の映画や、スタートからスタッフロールまで抱腹絶倒、笑い転げて腹筋を傷めてしまった人もいるでしょう。
そう、映画の魅力をひとことで言うのなら、涙にしろ笑いにしろ他の何かにしろ、とにかく「その人の本当の気持ちをストレートに表現させてくれる」というところだと思います。
だからこそ、まるで自分が映画の中の登場人物になってしまったかのような錯覚に陥ることも珍しくないわけであり、そしてまたそういう錯覚は非常に心地よい錯覚であるとも言えるはずです。
私は自分が特別映画のファンであるという認識はありません。
というよりも、私が「映画ファン」であると豪語するなどオコガマシイくらいの映画ファンは私が知るだけでも相当の数にのぼります。
そういう人たちに「映画の魅力は?」と問えば、非常にうれしそうに、また楽しそうに、時を惜しまずいつまででも話してくれます。
それくらい映画は魅力的なものなのでしょう。
アクション映画を見た後、自分がヒーローになったような気分で映画館を後にすることは誰にでもあるでしょう。
そしてその瞬間こそ、映画の魅力を身をもって体感している瞬間に他ならないのです。
そんな「映画の魅力」について、今回はお話していきたいと思います。

 

続きを読む≫ 2013/01/31 11:18:31

「別れさせ屋」とは、主に恋愛関係においての「別れたい」「別れさせたい」を仕事として請け負う業者です。探偵業の一種、またはオプションであります。恋愛というのは男女が互いに相手を恋し、慕うことを言います。

 

一般的には相手との合意の上で関係を進めることになります。ですから「別れ」に関しても基本的には相手との話し合いの末に終わらせることができるものです。しかし、人間の心というのは一辺倒にできてしまうぐらいに単純にはできていないようです。

 

中には、いくら話し合いをしても分かりあえない人が、あなたの気持ちを理解してくれない人がいるものです。その結果、別れたいのに別れられない、別れさせたいのに別れさせられないという状況が生まれてしまいます。この関係を自分の力ではどうにもできなくなってしまった場合、あなたならどうしますか?
私は別れさせ屋さんに相談しました。

 

こういう場合に相談できる機関というのが今まではありませんでした。
そういう状況におかれた人が「別れさせ屋」を利用するようになり、「別れさせ屋」が職業として存在できるようになっています。

続きを読む≫ 2011/12/21 18:13:21

陶芸や、どの習い事でもそうですが、続けるためには職場や家に近い場所、すなわち通いやすい場所というのが一番の条件です。

 

家や職場から電車で1時間もかかってしまうとなると、通うのがじきに億劫に感じられてきます。あなたの生活スタイルで考えたとき、職場に近い方が通いやすいか、家に近いほうが通いやすいか、そのどちらかで選択しましょう。陶芸がうまくなるには、土練りやロクロ回しなどの基本的な技術の習得には、ある程度反復練習をしなければいけません。そのためには定期的に通う必要があります。陶芸体験ならプロップスさんがおすすめです。一回休むと、忘れた勘を取り戻すのに時間がかかり、また振り出しに戻るという状態になってしまいます。それではいつまでたっても上達は見込めません。土の乾き具合などもその都度違います。

 

少しだけ顔を出して自分の作品の状態を見る、なんてことができるためにも、陶芸教室は近いほうがいいですね。いくらイケメンでカリスマ先生がいる陶芸教室に通いたいとしても、距離が遠ければ心もいずれ遠ざかります。特にこれから始めるという素人さんは必ず通いやすさで選んでください。

続きを読む≫ 2011/12/07 18:06:07