太陽光

最近にわかに注目を集めている太陽光発電や、それに伴うオール電化ですが、国や県の補助金効果もあってこのところ急激に普及が進んでいるようです。とは言え設備費が高いこともあって、今後どれぐらいまで伸びるかについては、なかなか予想が難しいようです。

 

 

そうした高い設備費用をはじめ、この設備導入にあたってはいろいろと疑問点も多いようです。ここではとくに多くの人が持っている疑問点について、いくつか挙げてみることにします。【家庭の太陽光発電とオール電化についてよくある疑問点】太陽光発電とオール電化に関してよくある疑問点は次のようなものです。

 

<太陽光発電では平均でどれぐらい発電できるのか>年間予測発電量は4,400キロワットです。また全国平均は1kwあたり1,000kwhになっています。<パネルを設置する屋根の方位で発電量は変わるか>南向きから北向きになるほど発電量は減少します。<システムの耐用年数はどれぐらいか、またその保障期間は>耐用年数は太陽電池モジュールで40年以上、その他の機器は15年程度。

 

太陽電池の保証期間は10年、その他の電池関連機器の保証は1年。<オール電化のIHクッキングヒーターで加熱中に鍋底から聞こえる音は?>鍋底が薄いホーロー鍋やクラッド鍋の場合はIHの周波数と鍋の共振周波数の関係で鍋が音を出すことがあります。鍋を少し移動させると音が止まることがあります。<IHクッキングヒーターの耐用年数はどれくらい?>IHクッキングヒーターの耐用年数は機種によって若干の違いはありますが、平均で約10年ぐらいです。

続きを読む≫ 2013/02/25 19:07:25